」カテゴリーアーカイブ

シンボルスカ『一目惚れ』 / 詩

シンボルスカ『一目惚れ』 /  詩 ポーランドの詩人ヴィスワヴァ・シンボルスカは、一九二三年に生まれ、二〇一二年に、長らく住んだポーランドのクラクフで亡くなる。享年八十八歳。 シンボルスカは、ポーランドを代表する詩人で、 … 続きを読む

萩原朔太郎の孤独 / 詩

萩原朔太郎の孤独  /  詩 言葉と孤独は、分かち難く結びついている。感情や風景を、言葉で表現しようとすれば、必ず実態とずれる。 若い頃にダダイズムの影響を受け、その後、禅に傾倒した詩人の高橋新吉は、「言葉は虚偽である、 … 続きを読む

石原吉郎『位置』 / 詩

石原吉郎『位置』 / 詩 詩人の石原吉郎は、一九一五年(大正四年)に静岡県で生まれ、一九七七年(昭和五十二年)に心不全で亡くなる。 戦後のシベリア抑留の経験や記憶が根底に流れる詩人として知られる石原吉郎の作品のなかに、『 … 続きを読む