庄田耕峯(画家) / 美しい月夜を描く明治・大正の日本画家

庄田耕峯  Koho Shoda

どの絵にも月明かりが描かれる。
ときがふと止まったような、優しい夜が印象的。

庄田耕峯(しょうだこうほう)の略歴

庄田耕峯(1877〜1924)は、明治から大正にかけての日本画家、版画家、狂歌師。

東京の神田に、旧幕臣の庄田安康の次男として生まれる。本名は庄田完。中学卒業後、浮世師の尾形月耕に師事し、尾形のもとで人物画を学び、中央新聞社に入ってからは挿絵を描く。


庄田耕峯は、48歳という若さで亡くなったことや、途中で画壇を離れ狂歌の世界に向かったことなどから、作品数もそれほど多くはない。

日本ではほとんど知られておらず、海外の著名な収集家ロバート・ミューラーによって2003年頃から徐々に広まり、再評価されつつある。

庄田耕峯の作風

庄田耕峯の作品の舞台は夜が多く、月夜の静けさがしばしば題材となる。

月明かりだけでなく、街灯や遠くの民家の窓からこぼれる灯りなど、夜の闇をほんのりと照らす光景が美しく描かれる。


また、彼の作品には水面や木々もよく描かれ、そのかすかに揺れるような波や枝葉によって光だけでなくほのかな風も演出する。

人物も描かれるが、人々の姿は常にシルエットで、匿名性の世界が広がり、一期一会の悲しみと美しさが表現されている。

0