簡素の哲学 〜シンプルと余白の違い〜

シンプルの哲学

シンプルという言葉は、デザインから日々の生活、ファッションまで様々な場所で浸透している。たとえば、日常にあるシンプルでもっとも浸透しているものに「iPhone」が挙げられるだろう。iPhoneは、Appleの創業者スティーブ・ジョブズが、シンプルを追求し、その哲学を形として結実させた作品の一つである。

「アップルの成功は、“シンプルさ”に起因しています。インテルやデルといったライヴァル社は、このシンプルさを決して真似することができません」。広告代理店のクリエイティヴディレクターとして、長年スティーブ・ジョブズとともに働いてきたケン・シーガルは、自著『Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学』を通じて、アップルの強さをそう分析する。

出典 : シンプルに思考し、行動せよ。『Think Simple』の著者が語る、アップルだけがもつ魔法の哲学

シンプルは、日本語で直訳すると、〈簡素さ〉や〈単純さ〉といった意味になる。繋がりや情報が増え、ひとりの人間の掌握できる容量を大幅に越える現代社会では、いつの間にか自分自身を見失ってしまっていることも多い。そのため、意識的にものごとを整理し、必要なものに絞る、という力が求められる。情報化が進むほどに、シンプルやミニマルといった削ぎ落とす方向に進むのは自然なことである。


この「シンプル」という哲学について、雑誌『&Premium(アンドプレミアム)』でシンプルに関する特集が組まれた際、「あなたにとってのシンプルとは?」と尋ねられた日本のクリエイターたちの答えをまとめた項目があり、そこには多種多様なクリエイターたちによる様々な視点の「シンプル」が語られている。

・巧みな演出である。足りないのではなく、引いていて色香がある。

村上亜紀 デザイナー

・いろんな長さ、いろんな固さ、いろんな形の木の枝を、たくさん集めて地面に並べて、また並べ替えて、それを繰り返して、時間をかけて一本だけを選び抜く。子供のころ、僕は選び抜いた。その一本を持って森で遊んだ。


矢後直規 グラフィックデザイナー

・他ならならないこの私の輪郭を、知らしめてしまうもの。なぜ彼方(あなた)ではなく、この私として生まれたか、胸中に流れ込んでくる契機。

山戸結希 映画監督

・毎朝出会う、畑の野菜や野の草花の姿。その美しさ、力強さに感動し、そのままを皿の上にうつすことができれば、そう思って料理を作った時に初めて、シンプルと呼べる皿ができると思います。

今井義浩 シェフ

・シンプルとは、「本当に必要なものだけを選ぶこと」だと思います。それがシンプル=単一である必要はなく、人によって数や考え方は違うと思いますが、余分なものをそぎ落としていくと本質が見えて、今やらなくてはならないこと、その先にどうありたいかが見えてくると思います。過多なものは自分の足枷になることが多く、それは「必要でないもの」なのだと思います。

福井利佐 切り絵アーティスト

この他、多くのクリエイターの「シンプルとは」が掲載され、一読するだけでも、いかに「シンプル」が複雑で多様な概念か、ということが分かる。

 

シンプルと余白の違い

シンプルは西洋の概念だが、一方で、日本でも古くから余白が重んじられ、わびさびや、もののあはれ、「間(ま)」の文化や無常観といった美観や死生観とも深く結びついてきた。このシンプルと、余白に関する感受性には、一体どんな違いがあるだろうか。

長谷川等伯『松林図(右隻)』

長谷川等伯『松林図(左隻)』

デザイナーの原研哉さんの著書『白』では、日本の「白(余白)」の感性は、日本古来の信仰心とも関連し、「シンプル」というよりも、「エンプティネス(空白)」として捉え直す。原さんは、空白について次のように綴る。

白は時に「空白」を意味する。色彩の不在としての白の概念は、そのまま不在性そのものの象徴へと発展する。

しかしこの空白は、「無」や「エネルギーの不在」ではなく、むしろ未来に充実した中身が満たされるべき「機前の可能性」として示される場合が多く、そのような白の運用はコミュニケーションに強い力を生み出す。

空っぽの器には何も入っていないが、これを無価値と見ず、何かが入る「予兆」と見立てる創造性がエンプティネスに力を与える。

このような「空白」あるいは「エンプティネス」のコミュニケーションにおける力と、白は強く結びついている。

出典 : 原研哉『白』

この原さんの指摘を見ても分かるように、余白の本質は、ぽっかりと開けられた空白(余白)の部分にある。空白は、満ちる可能性として、やがてここに「神」が宿り、また去っていく。そう考えると、「シンプル」と「余白」の違いも、次のように言うことができるだろう。

シンプルは、そぎ落として残ったものに本質があり、日本の文化にある簡素さや余白、空白といった感受性の本質は、その空っぽの部分にこそある。

これはそのまま、神がどこに宿るのか、という東西の文化の違いとも言えるかもしれない。

0