神は細部に宿る、その意味や由来は

「神は細部に宿る」の由来とは

有名な格言に、「神は細部に宿る」という言葉がある(英語では、God is in the details.と書く)。

この格言は、芸術の世界やデザインの世界の他にも様々な分野で引用される。しかし、実は一体誰が言ったのか、語源や由来は定かではない。


図書館のレファレンスデータには、この「神は細部に宿る」の由来を念入りに調べた結果が紹介されている。

そのデータによれば、まず『日本国語大辞典』の初版及び2版では、「神」と「細部」と「宿る」の用例や索引には掲載はなかった。また国語、格言、慣用句、引用句、諺等の辞書辞典を調べても掲載はないと言う。

その他の詳細なデータ検索からたどり着いた資料は以下の3点である。

【資料1】丹生谷貴志著『三島由紀夫とフーコー 〈不在〉の思考』青土社2004.12(当該論文はp55-65)


著者によれば、ミース・ファン・デル・ローエ → ヴァールブルク → エックハルトという風に辿っていくことができるものの、はっきりした起源は不明とのこと。

【資料2】「語彙と表現のフォーラム(57)今月の焦点 神は細部に宿る」 堀内 克明 『英語教育』 54巻10号(2005.12) p69-71

ドイツ出身の建築家ミース・ファン・デル・ローエの言葉としてニューヨークタイムスのローエ追悼記事にこの言葉が載っている、とあるものの、この記事以前にも、ヴァールブルク、フローベル、アインシュタイン、ル・コルビジェ、ニーチェ等が「神は細部に宿る」という言葉を使用していることから由来は不明。

【資料3】「ヴァールブルクの言葉『親愛なる神は細部に宿る』をめぐって」 加藤 哲弘 『人文論究』 53巻1号(2003.5) p15-28

ドイツの美術史家アビ・ヴァールブルグが行った1925/26年ハンブルク大学冬学期講義録メモのなかに『神は細部に宿る「Der liebe Gott steckt im Detail」』という記述があり、メモの図版も残っている。

ヴァールブルグが好んだ表現だったそうだが、さらに起源を遡ると、フランスの小説家フローベルか、イギリスの社会思想家ジョン・ラスキンの言葉ではないか、という説もある。

いずれにせよ、「神は細部に宿る」という言葉の由来や起源については明確に分かっているわけではない。

その意味及び解釈とは

さて、謎に満ちたこの言葉だが、意味は、「細かい部分までこだわり抜くことで全体としての完成度が高まる」という風に一般的に解釈される。

全体や見た目ばかりを気にして細かい部分を疎かにすれば、結果として作品全体の完成度も落ちる。だからこそ、本物は、細部に至るまで念入りにこだわりが貫かれている、ということを表現した言葉だ。

この格言を、逆に受け手の側から言い換えると、細かなほころびによってその作品が神ではないことが見抜かれる、という風に言える。

絵にしても、写真にしても、映画にしても、作品を受け取っている側は、表現された夢の世界にいる。それは完全な神の世界である。しかし、その世界にほころびがあれば、すっと夢から覚める。世界が神ではなかった、と気づく。

ここからは、少し「余白」という点も踏まえて考えてみたいと思う。

この「神」というのは、余白という観点も交えれば「作品」の側だけで完結するものではない。作品の側で完全を提示してしまえば、受け手が必要なくなる。

明治期の思想家である岡倉天心は、完成品ではなく、未完成品ゆえに、受け手の完成に向かう想像力によって完成に至る、と指摘している。またデザイナーの原研哉も、完成へと誘発する空白の重要性に触れている。

余白という観点から言えば、「神」とは作品側のみに名付けられた固定的なものではない。作品と、作品を享受する受け手との出会いの刹那に立ち現れる「空間」そのものを指すのである。

不完全というのは、手抜きでいい、というわけではもちろんなく、一方で、力んで細部を詰め過ぎても、出会いの空間という「神」は壊れる。

細部、というのは、思った以上に儚く揺れやすく厄介なものなのである。

簡素の哲学 〜シンプルと余白の違い〜

1+