宮沢賢治の絵〜水彩画とミミズク〜

宮沢賢治の絵〜水彩画とミミズク〜

詩人の宮沢賢治は自作の数点の絵を残している。絵はほとんどが水彩画で、幻想的な題材や、まるでカンディンスキーの抽象画のようなタッチが特徴的の作品もある。

それぞれ題名はなく、知られている名称は死後につけられた仮題とされ、戦災で焼失した絵もある。


宮沢賢治が一体いつ頃から絵を描き始めたのか、といった詳細はわかっていないが、『春と修羅』が刊行されたあと、『風の又三郎』や『注文の多い料理店』を書いている頃ではないか、と考えられている。

賢治の水彩画のなかで特に有名なのは、『日輪と山』と呼ばれる絵で、完成度も高く、宮沢賢治自身も気に入って自分の部屋に飾っていたと言う。

宮沢賢治 水彩画(『日輪と山』)

この山と陽の風景画の舞台となったのは、盛岡市内か小岩井農場の辺りから見た岩手山だという説が有力のようである。

ただ、自らの詩を「心象スケッチ」と呼んでいた賢治なので、この絵も他の水彩画と同様に具象画というより、心象の風景を描いたものと言ったほうがよいかもしれない。


美術評論家の窪島誠一郎氏は、著書『詩人たちの絵』のなかで、この日輪と山を描いた風景画に関し、「賢治がつねに脳裡にえがいていた人間の精神の孤峰と、仏教上の感覚との接点を表現した絵」と表している。

宮沢賢治 水彩画

宮沢賢治 水彩画

宮沢賢治 水彩画(焼失)

宮沢賢治 水彩画

宮沢賢治 水彩画(『月夜のでんしんばしら』)

この絵は『注文の多い料理店』に収録された『月夜のでんしんばしら』を題材としたものだと考えられる。

『月夜のでんしんばしら』朗読

月夜を背景に擬人化された電信柱の絵で、原画は一九四五年(昭和二十年)に戦争で焼失している。

宮沢賢治 原稿用紙に書かれたミミズクの絵

最後の絵は原稿用紙に落書きされたイラストのようなタッチで、『月を背にしたミミズク』や『ふくろう』と呼ばれている。

この絵は、たぶん過去に賢治関連のなにかの本で見たのだと思うが、ミミズクの体つきと眼差しが印象深く、不思議で可愛く(ちょっとトトロにも似ている?)どこか記憶に引っかかる。夜の森にひょっこり現れそうだ。

僕はこの『月を背にしたミミズク』という仮題から、この背景にある丸いものが月だったのだと知った。

0