」カテゴリーアーカイブ

八木重吉の秋の詩

八木重吉の秋の詩 八木重吉は、一八九八年に生まれ、一九二七年に病で亡くなる。まだ二十九歳という若さだった。 重吉は教員をしながら、詩作を行い、数多くの詩をつくったが、生前は詩集が一冊『秋の瞳』が刊行されたのみで、全くの無 … read more

立原道造『眠りのほとりに』

立原道造『眠りのほとりに』 沈黙は 青い雲のやうに やさしく 私を襲ひ…… 私は 射とめられた小さい野獣のやうに 眠りのなかに 身をたふす やがて身動きもなしに ふたたび ささやく 失はれたしらべが 春の浮雲と 小鳥と  … read more

となふれば仏もわれもなかりけり

となふれば仏もわれもなかりけり 文章を書くとき、どうしても言葉を強く握りしめてしまうことがある。それは論理であったり描きたい風景であったりする。 でも、もし優しく言葉を伝えようと思ったら、この握りしめた手をそっと開かなけ … read more