」カテゴリーアーカイブ

リルケの手紙の一節 / 詩

リルケの手紙の一節   /  詩 ライナー・マリア・リルケは、オーストリアの詩人。一八七五年にプラハで生まれ、一九二六年に白血病によって五十一歳で亡くなる。 リルケ 二十五歳頃 リルケは手紙をよく書いたが、そのなかでも、 … 続きを読む

茨木のり子『みずうみ』 / 詩

茨木のり子『みずうみ』  /  詩 世の中が騒々しくなればなるほど(たとえばそれは情報化社会という側面によって)、僕たちは「誰か」のために感情を揺さぶられる。 その「誰か」というのも、恋人や友人、家族といった身近な存在だ … 続きを読む

シンボルスカ『一目惚れ』 / 詩

シンボルスカ『一目惚れ』 /  詩 ポーランドの詩人ヴィスワヴァ・シンボルスカは、一九二三年に生まれ、二〇一二年に、長らく住んだポーランドのクラクフで亡くなる。享年八十八歳。 シンボルスカは、ポーランドを代表する詩人で、 … 続きを読む

萩原朔太郎の孤独 / 詩

萩原朔太郎の孤独  /  詩 言葉と孤独は、分かち難く結びついている。感情や風景を、言葉で表現しようとすれば、必ず実態とずれる。 若い頃にダダイズムの影響を受け、その後、禅に傾倒した詩人の高橋新吉は、「言葉は虚偽である、 … 続きを読む