言の葉の由来

言葉と書いて、ことばと読む。少し文学的に、“言の葉”と表現することもある。“言葉”と言っているときにはあまり意識しないものの、言葉には、このように植物である葉の文字が使われている。僕は、“言葉”という風に、ことばを植物のように捉える感性が好きだ。そのことによって、おのずから生まれる様や、自分単独では成り立ち得ないという世界観が、より深く印象づけられるように思う。

それでは、なぜ、言葉は、“言の葉”と書かれるのか。いつ頃から、“言葉”と表記されるようになったのだろうか。辞典編集者の飯間浩明さんによれば、「ことば」という表現自体は、8世紀の万葉集の頃には存在したものの、“言葉”という表記はなく、“言羽”や“辞”が使われていたそうだ。“言羽”というのは当て字で、“辞”は漢字の意味から取ったと言う。

そもそも、「ことば」は、「ことの」という意味合いに由来する。この「こと」というのは、「事」であるとともに「言」でもある。古代では、事実としての「事」と、口から発する「言」は区別しなかったのでないかと考えられている。現代の「ことば」の意味合いで、「こと」という表現も使われていた。この両者の意味が分化されるようになり、「ことの端」というニュアンスから「ことば」が生まれる。

端とは、山の稜線を指す「山の」といった言葉もあるように、端っこのことで、口から発する「言」の一端という意味から、ことばになったようだ(僕はてっきり、ことばでは物事の全てを表現はできず、“事の端”を表すのみ、というニュアンスに由来するのだと思っていた)。

「ことば」という名詞は、日本語に古くからあります。8世紀の「万葉集」にも出てきます。この歌集は万葉仮名(漢字)で書かれているので、当時、「ことば」をどう書いたかが分かります。

本文で「ことば」と読む部分の表記は、「言羽」「辞」となっています。「言羽」は当て字、「辞」は漢字の意味を用いた表記です。「言葉」の表記は出てきません。

「ことば」は、語源的には「葉」と関係がなさそうです。その成り立ちは、「こと(言)」+「は(端)」と考えられます。

「ことば」|分け入っても分け入っても日本語

この“ことの端”としての「ことば」に、“言羽”という字が当てられたようだ。なぜ“羽”という字が使われたのかはよく分からない。ことばにすると、羽が生えて飛んでいく。この場所にいながら、鳥のように遠くまでも羽ばたいていく。昔の人は、「ことば」にそんな光景も重ね合わせたのだろうか。

そして、平安時代の頃に、“言の葉”という葉っぱを意味する表記が現れるようになると言う。言の葉という表現でもっとも有名な文章は、平安時代に編まれた勅撰和歌集である、『古今和歌集』の序文「仮名序」の冒頭の一節で、和歌がどういったものか、的確で美しい表現によって描写されている。

古今和歌集は、四季や恋の歌を中心に和歌が集められたもので、仮名序と真名序の二つの序文があり、この仮名序を書いたのが、撰者の一人で歌人の紀貫之である。

仮名序の最初の一文が、「やまとうたは、人の心を種として、よろづの言の葉とぞなれりける。」である。これは、現代語訳すれば、「和歌というものは、人の心が種となり、様々な表現の葉となったものである」といった意味になる。心を種として、様々なことの葉となって繁る。それが歌なのだ、というわけである。ことの端や、言の羽ではなく、“言の葉”が残っている理由として、この古今和歌集の影響も大きかったのではないだろうか(ただ、必ずしもずっと“言葉”が一般的なわけではなかったようだ)。個人的な感覚としても、和歌を表現するのに、この序文を踏襲した、“言葉”のほうがしっくりくる。ことの端や、言の羽は、「ことば」のほうに重きを置いているが、仮名序の表現では、人の心とことばとの繋がりが、より密接になっている。

ちなみに、仮名序は、先ほどの冒頭の一節から、以降もしばらく続きがある。全文はもっと長いが、冒頭部分が、とても美しく、和歌についてどれほどの想いを込めているかが伝わってくる。

やまとうたは、人の心を種として、万の言の葉とぞなれりける。

世の中にある人、ことわざ繁きものなれば、心に思ふ事を、見るもの聞くものにつけて、言ひ出せるなり。

花に鳴くうぐいす、水に住む蛙の声を聞けば、生きとし生けるもの、いづれか歌をよまざりける。

力をも入れずして天地あめつちを動かし、目に見えぬ鬼神おにがみをもあはれと思はせ、男女のなかをもやはらげ、猛き武士もののふの心をも慰むるは、歌なり。

現代語訳

和歌は、人の心を種として、多くのことばとなったものである。

この世に生きる人は、関わり合う事柄がまことに多いので、心に思うことを、見るものや聞くものに託して歌にするのである。

花に鳴く鶯や、水に住む蛙の声を聞くと、すべて生あるものは、どれが歌を詠まないなどということがあろうか。

力をも入れずに、天地を動かし、目に見えない霊に感じ入らせ、男女の仲をもうち解けさせ、荒々しい武士の心をなぐさめるのは、歌である。

『古今和歌集』(高田裕彦訳注)

多くの物事に触れ、心が動き、歌になる。世界と自分と表現の連続性が描かれ、鶯や蛙など、生きとし生けるものはみんな歌っている。そして、その歌は、力を入れずとも、様々な力を発揮する。天地を動かし、鬼神をあわれと思わせ、男女の仲をも和らげ、荒々しい武士の心をも慰める。

これは決して大袈裟に喩えたのではなく、彼らは、歌というものの力を本気で信じていたのではないだろうか。

+6