ファン・ゴッホ『花咲くアーモンドの木の枝』

フィンセント・ファン・ゴッホ『花咲くアーモンドの木の枝』 1890年

フィンセント・ファン・ゴッホは、オランダの19世紀後半の画家で、セザンヌやゴーギャンなどと同じく、ポスト印象派の一人とされる。この「ポスト印象派」というのは、「印象派の後」といった意味で、その少し前の世代に、モネやルノワールなど印象派の画家がいる。光を捉え、見たままに自身の印象を描く、といった新しいスタイルによって、神話や歴史、写実主義的な従来の画法から脱皮し、自らの世界を描くようになった印象派。ゴッホは、その印象派や、日本の浮世絵の影響も受けつつ、色彩や感情が強調された、独自の画風を築いていった。

ゴッホの絵は、代表作の『星月夜』や『ひまわり』、他にも糸杉を描いた作品など、内面の発露やモチーフに宿る生命力が、そのまま色や筆遣いに乗ったような躍動的で力強い作風が特徴的である。

フィンセント・ファン・ゴッホ『星月夜』 1889年

積年の孤独や寂しさ、狂気とされるほどの感情の荒波が、ゴッホの絵にそのまま流れ出していたのかもしれない。一方で、ひまわり以外にも、ゴッホは多くの綺麗な花や植物の絵も残している。特にゴッホが花を描いた時期として、1886年から88年の2年間のパリ時代が挙げられる。この頃、ゴッホは色彩を学ぶという以外に、モデルを雇うお金がないこともあり、よく花の静物画を描いたという。

ゴッホの花で印象深い絵としては、晩年に描いた、『花咲くアーモンドの木の枝』がある。青空を背景に、桜のような、可憐なアーモンドの花が咲き、色合いとしても優しい雰囲気が漂っている。アーモンドの花は、春を告げる花として愛され、まだ冬の寒さが残る早春の時期から咲くこともあり、希望や誕生への祝福の想いが伝わってくる。

この『花咲くアーモンドの木の枝』は、1890年、つまりゴッホが拳銃自殺したとされる最晩年に描かれている。ゴッホの晩年は、自分の耳を切り落とすという事件などもあり、南フランスにある精神病院で療養生活を送っていた。この絵は、その頃に描かれた作品で、孤独なゴッホの最大の理解者として、ゴッホを支え続けてきた弟のテオの家庭に子供が生まれるということで、ゴッホはお祝いにこのアーモンドの花の絵を描いて贈った。テオからの手紙で、子供が生まれたことと、名前はゴッホと同じフィンセントにしようと思っているということを告げられたゴッホは、とても喜び、その子のためにと絵の制作に取り掛かった。この絵が醸し出す温もりからは、自身の絶望や不安を抱えながらも新たに生まれてきた命への祝福が込められているゆえの切なさも感じられるように思う。

ゴッホは、このアーモンドの花の絵の完成から半年ほど経った頃、拳銃で自らの胸を撃ち、テオに看取られながら亡くなった。ゴッホが37歳のときだった。さらに、弟のテオも、兄を追いかけるように、そのわずか半年後に33歳という若さで病によって亡くなる。兄弟の墓は、ゴッホが最後の2ヶ月を過ごし、終焉の地となったパリ近郊の静かな村に並んで建っている。

+4