余白の詩学のこと(追記あり)

管理人です。いつもTwitterの「余白の詩学」を見てくださってありがとうございます。

現在、TwitterのAPIの仕様変更に伴って、更新ができない状態が続いています。botサービスの状況次第なので、今後もし復旧できないようなら、休止にするか、ときどき手動で更新するか、また改めて考えたいと思います。

もともとは、自分自身、「余白」とはどういったものかを探っていく意味でも、日々自分が出会った言葉や絵のなかで、これは好きだな、ああ、余白の詩学だな、と思った表現を集めていく作業として、当アカウントを立ち上げた面もあり、その作業自体とても楽しく、自分にとっての余白の詩学を育んでいる感覚でもあります。

始めた当初は、まさかこれほど多くの方々に読んでいただけるとは思ってもいませんでした。本当にありがとうございます。

webのサービスに依拠している以上、突然の停止も仕方がないと覚悟はしていたものの、せっかく育んできたので、具体的な形として残しておきたい思いもあり、発信している言葉や絵は、基本的にすでに著作権が切れている古い作品なので、そういった言葉を集めて、いつかささやかでも紙媒体などの形にできたらなということも夢想しています。

ただ、現在体調面の問題など諸事情もあり、いつになるか分かりません。もしいつの日か形にできそうであれば、またご報告したいと思います。

2023.4.6

〈追記〉

その後、無事botが復活しましたので、botに関しては、これまで通り自動更新となっています。

+19