ノルウェーの画家 ソフス・ヤコブセンの絵

ノルウェーの画家 ソフス・ヤコブセンの絵

ソフス・ヤコブセンは、一八三三年に生まれ、一九一二年に亡くなったノルウェーの風景画家。

静寂を漂わせた暗めの色調で、雪景色や水辺の空に浮かぶ月の風景が描かれる。

ソフス ヤコブセン

ノルウェーの画家

ノルウェーの画家

ノルウェーの画家

ソフス・ヤコブセンの絵は、同じ北欧で同時代の画家でもあるデンマークのヴィルヘルム・ハンマースホイの雰囲気と似ている。

ハンマースホイは室内画も多く、ヤコブセンは風景画という違いはあるものの、共通する作風のように思う。

以前、ハンマースホイの美術展で「静かなる詩情」というフレーズが使われたが、ヤコブセンの絵もまた「静かなる詩情」という言葉が合う。

0