ノルウェーの画家ソフス・ヤコブセン / 絵

ノルウェーの画家ソフス・ヤコブセン / 絵

ソフス・ヤコブセンは、一八三三年に生まれ、一九一二年に亡くなったノルウェーの風景画家である。

ノルウェーの画家と言えば、エドヴァルド・ムンクがよく知られている。ムンクが生まれたのは一八六三年なので、ヤコブセンは、ムンクより一世代前の画家と言える。

ヤコブセンの絵は、静寂を漂わせた暗めの色調で、雪景色や水辺の風景が描かれる。

ソフス ヤコブセン

ノルウェーの画家

ノルウェーの画家

ノルウェーの画家

ムンクのような激しい内面を描いた表現主義ではなく、写実主義や印象派の影響が大きいのかもしれない。ノルウェーの静謐な風景を、真っ直ぐ描いている。

ヤコブセンの絵は、同じ北欧で同時代の画家でもあるデンマークのヴィルヘルム・ハンマースホイの雰囲気と似ている。

ハンマースホイは室内画も多く、ヤコブセンは風景画という違いはあるものの、作風はどこか共通するものがあるように感じられる。

ヴィルヘルム・ハンマースホイ 『窓辺の二人』 一八九五年頃

雪のクレスチャンスボー宮殿 一九〇九年

以前、ハンマースホイの美術展で「静かなる詩情」というフレーズが使われたが、ヤコブセンの絵もまた、「静かなる詩情」という言葉が合うような気がする。

0