東郷青児と洋菓子の包装紙

東郷青児と洋菓子の包装紙

東郷青児(とうごうせいじ)は、明治30年生まれで、昭和に活躍した洋画家。モダンな雰囲気でデザインやイラストレーションのような画風でありながら、日本的な叙情性も備えた美人画を多く描いた。東郷青児という名前は本名ではなく(本名は東郷鉄春)、青児という名は青山学院の中等部を卒業したことに由来すると言われる。東郷青児は、若い頃に竹久夢二が日本橋に開いた「港屋絵草紙店」で、夢二の作品の写しを手伝っていた。この辺りは結構ごちゃごちゃしているようで、夢二の奥さんだったたまきが、店に出入りしていた画学生のなかでまだ17歳の東郷青児を気に入り、夢二の絵の写しをお願いするようになる。夢二はすでに有名画家で、恋多き男。いつも寂しそうだったたまきに東郷青児は惹かれ、たまきもまた弟のように可愛がった。この二人が不倫関係にあるのではないかと夢二は疑い、富山の海岸でたまきの腕を刺す、という事件を起こしている。実際に二人のあいだに関係があったかどうかは分からない。東郷青児自身はのちに否定している。いずれにせよ、東郷青児の美人画には、夢二の影響が色濃く反映している。

竹久夢二『雪の夜の伝説』

東郷青児『望郷』

大正ロマンを代表する竹久夢二と、昭和の時代に活躍し、長期のフランス留学など西洋の影響もいっそう深く受けている東郷青児では多少毛色の違いは見られるが、描かれる女性に備わっている憂いや悲しみは両者に共通した特徴と言える。また、憂いを帯びた美人画という画風だけでなく、決して明るい雰囲気ではないもののデザイン性が高く、商品的な価値として大衆的に人気となる点も共通している。


東郷青児のデザイン性を物語る上で欠かせないものの一つが、「包装紙」である。ケーキなどの甘い洋菓子が纏う包み紙には東郷青児デザインのものが数多くあり、ファンはお気に入りの紙を手作りの封筒やしおり、ブックカバーにしたと言う。洋菓子の包装紙だけでなく、2007年に惜しまれつつ閉店した吉祥寺の老舗喫茶店「ボア」は、東郷青児がプロデュースし、店のロゴからケーキを入れる箱、包装紙、マッチデザインなど細部に至るまで手がけた。「ボア(BOIS)」というのはフランス語で「森」を意味し、これは東郷青児がフランスに留学したパリ郊外のブーローニュの森と、店の近くの井之頭公園の森を重ね合わせて名付けられた名前だと言う。

これは「ボア」で使用された東郷青児デザインの包装紙(上)やケーキボックス(下)。森がイメージされたデザインとなっている。他にもたくさんの包装紙を手がけているが、どれも東郷青児の形は崩さず、しかしデザイン性の高さや洋菓子など包まれるものとの調和も保たれている。

昭和35年〜40年頃、ボアでは、ケーキの箱のおまけとして月代わりに12種類のしおりがつけられた。しおりには、東郷青児の絵が描かれ、すべての絵に「Bois」のロゴが入っている。しおりの裏面には、ランボーやアポリネールといった詩人の名詩と、その詩に呼応するような店のキャッチコピーが載っていた。「さわれ 去年の雪 今いずこ ─── ヴィヨン 空の色 移り変わりあれど 何時も変わらぬ美味のケーキ ボア」。

横浜の洋菓子店「フランセ」の包装紙。創業者の高井二郎さんが、親しい関係だった東郷青児に依頼し、イメージを作り上げていった。


東郷青児の故郷でもある鹿児島の銘菓「御菓子司青柳」。洋菓子の包装紙として東郷青児の絵柄が使用されている。

東京駒込にある「アルプス洋菓子店」の包装紙。創業60年の老舗洋菓子店だったが、2019年3月で閉店となった。

東京久が原の老舗洋菓子店「フラマリオン」。創業は昭和34年。創業以来、今でも東郷青児デザインの包装紙で洋菓子を包んでいる。

京都の「喫茶ソワレ」。四条木屋町にある青い光に満ちた美しく甘美な喫茶店。看板やショップカード、コースターだけでなく、東郷青児の油彩や水彩の絵もコーヒーと一緒に堪能できる。創業は昭和23年。創業者が東郷青児の絵を好み、店内に飾っていた。途中、東郷青児も訪れるようになり、親交が深まっていった。

東京渋谷の洋菓子店「フランセ」。簡素ながら優美なパリジェンヌの絵が描かれている。昭和32年創業の老舗だったが、平成18年で閉店。

東京の成城にある洋菓子店「成城アルプス」。青みがかった包み紙に、エッフェル塔を背景にしたパリジェンヌが描かれ、高級感が漂う。(画像 :『東郷青児 蒼の詩 永遠の乙女たち』より)

包み紙だけでなく、お菓子の缶や、自由が丘「モンブラン」のショッピングバッグなどにも東郷青児の絵が施されている。東郷青児の作風は、芸術としての質だけでなく消費社会とも非常によく馴染んだことが伺える。

昭和の頃、東郷青児のデザインが人気だったことから、よく似た東郷青児風のデザインも現れたと言う。

0