神坂雪佳『うた絵』

神坂雪佳は、1866年に京都で生まれ、明治から昭和初期にかけて活躍した図案家・日本画家で、尾形光琳ら琳派の流れを汲む画家として、「近代琳派」と称される。 図案家は、工芸品に施す図柄を考え出し、絵を描く…

言の葉の由来

言葉と書いて、ことばと読む。少し文学的に、“言の葉”と表現することもある。“言葉”と言っているときにはあまり意識しないものの、言葉には、このように植物である葉の文字が使われている。僕は、“言葉”という…

松尾芭蕉の最後の句

江戸時代の俳諧師で、『おくのほそ道』で知られる松尾芭蕉には、辞世の句とも称される、「旅に病んで夢は枯野をかけ廻めぐる」という句がある。 弟子たちの諍いの仲介のため、大阪に向かう旅に出た松尾芭蕉は、到着…