小村雪岱の芸術論

小村雪岱の芸術論 小村雪岱は装丁や挿絵といった受注作品が主で、本人の思想を表現した一般的な「芸術作品」というものは少なく、それゆえ、没後日本の美術史で取り上げられることもほとんどなかった。 文章も、生前まとまった本は一冊 … read more

小村雪岱に関する本、画集や伝記、図録など

小村雪岱に関する本、画集や伝記、図録など 明治生まれで、大正から昭和初期にかけて活躍した日本画家の小村雪岱は、生前、本の装丁や挿絵などが人気となり、民衆の評判は高かった。 しかし、画家というよりも挿絵やデザイン、舞台美術 … read more

小村雪岱『おせん 傘』

小村雪岱『おせん 傘』 小村雪岱『おせん 傘』 一九三七年 これは小村雪岱の代表作の一つ、邦枝完二が一九三三年(昭和八年)に新聞で連載していた小説『おせん』の挿絵のワンシーンを、また別に描きあらため、国画院展に出展した作 … read more

小村雪岱 Settai Komura 挿絵

小村雪岱 Settai Komura 挿絵   大正から昭和初期にかけて活躍した日本画家の小村雪岱は、装丁やデザインの他に、挿絵画家としても人気で、余白を大胆に駆使し、繊細な線で描写する画風は「雪岱調」と呼ばれ … read more

小村雪岱と資生堂

小村雪岱と資生堂 資生堂「花椿」 大胆な余白と繊細な線が特徴の「雪岱調」で生前人気を博し、装丁やデザイン、挿絵など幅広く手掛けた小村雪岱は、一時期、デザイナーとして資生堂の意匠部に所属していた。 小村雪岱が資生堂に入社し … read more